一度立ち止まって適切な検査を受けてみよう

サイトメニュー

活動疲れを防ぐための対策

女性

社会うつが深刻化

近年では、就活うつ病という診断を受け、治療を行っている社会人の姿も珍しくはなくなっているようです。就職したいものの、内定や採用されないことによる不安や緊張がストレスとなり、やがてそのストレスが脳に影響を与え、精神的不調となり表面に現れます。思考力や意欲の低下、気分の浮き沈みも激しさを増す、こうした症状も就活うつ病の特徴です。活動する中で、将来に対する不安など、いわゆる心理的負荷となるストレスがうつ病を引き起こす原因になります。もちろん、精神科・心療内科などで適切な治療を受けることにより、症状も改善し、社会復帰することができます。このうつ病は気分障害の1種で、ストレス・心因・内因性に大別できるのが特徴です。ストレス性は、先に述べたように就活しているのに、結果が見えないことによる活動疲れが挙げられます。意欲の低下もその1つで、社会人としての一歩を踏み出すことさえ、ままならないことさえあるようです。しかし一般的には、数日から数カ月で症状は消失するのが特徴で、就職ができれば解決することも多いタイプです。
精神科・心療内科の分野においては、うつ病だけでいうならば、カウンセリングや精神療法などにて調整する治療法が用いられています。就活中の人の場合には、うつ病であればカウンセリングを受けることも必要です。その際、申し込みは予約制としている医療機関が比較的に多いので、事前予約を取りましょう。うつ病相談支援センターや外来診療受付にて申し込みができます。また、就活中であれば産業医に相談してみれば、適した医療機関やカウンセラーを紹介してくれる場合もあります。ちなみに、臨床心理士によるカウンセリングであれば、薬の処方はなく、保険診療ではありません。心理面接が行われますが、必要性が認められた人は、診察と平行して治療が進められます。毎日予約を受け付けていますし、当日の予約でも問題はありません。電話やメール、ウェブなど、どのような方法を用いたとしても、就活中であるならば通いやすさが重要になります。大通りに立地することや、夜間や日曜、予約制を実施することによって、就活と通院の便を図ることができます。