一度立ち止まって適切な検査を受けてみよう

サイトメニュー

心の調子にも注意して

ハート 就活中なんとなく体調が悪かったり、やる気が出なかったりというときは、怠けではなくうつ病の可能性があります。甘く見るのではなく病気としてとらえて早めに治療に入れるようにしましょう。早い対応で回復の早さも期待できます。

詳しく見る

就職活動が原因で発症する

悩む女性 就活うつ病は、就職活動がうまくいかず、内定がなかなか取れなかったり、面接で緊張しやすい人が罹りやすい病気です。意欲や集中力の低下、気分の落ち込み、朝が起きられないなどの症状がみられます。早めに精神科や心療内科を受診しましょう。

詳しく見る

メンタルケアの重要性

男性 人生の大きなターニングポイントとなるのが就活ですが、ひとすじ縄に行かないことも珍しくありません。うつ病を発症するケースもありますし、微妙な変化に気付けるか否かが鍵となります。心のケアを怠らずに、メンタルクリニックを活用して下さい。

詳しく見る

心の病の原因

医者と看護師 就活によって心を病んでしまうということもあるかもしれません。悪化をするとうつ病を発症してしまうこともあります。医療機関で治療を行ったり、ストレスを発散させることも症状を改善させるためには必要なことです。

詳しく見る

活動疲れを防ぐための対策

女性 就職難と言われる時代において、若者のうつ病が深刻化しています。まずは、就活生にとっては適切な医療機関にてカウンセリングを受け、現在おかれている立場を理解してくれる、そうした治療を受けることが必要です。

詳しく見る

適切な病院を探そう

悩む女性

早期発見による早期治療が大事

就活でうつ病になってしまう人が増えてきています。発症してしまいやすい人は真面目で物事を考え過ぎてしまいやすい人です。また、ストレスを溜め込んだり、発散できなかったりする人もその傾向にあるといえるでしょう。多少は息抜きも大切です。就活がうまくいかなくてもあまり考え過ぎないようにしましょう。たまにはストレス発散をすることがポイントです。それでもうつ病になってしまったら、すぐにでも適切な治療を受けるようにしましょう。精神科や心療内科を受診することになります。ところが、多くの人はなかなか自身では病気になったことを気づけません。身近な人たちに指摘されて初めて気づくことがあります。早期発見による早期治療なら症状も軽いうちに早く治療ができるはずです。早めに治療を受けましょう。もちろん、うつ病になった原因は就活なので、この場合には一時的に就活を休む必要があります。そのまま無理に続けていると治るものも治らなくなってしまうからです。他人よりも出遅れてしまうことに焦ってしまうこともあるでしょう。しかし、一旦、立ち止まることが大切です。
就活によってうつ病を発症してしまったら、すぐに病院へ行きましょう。この時、一旦、就活は中断することをおすすめします。最初、どの科にかかっていいのか分からない人もいます。この場合は精神科や心療内科が適切です。しかし、症状によっては自身でうつ病だとは気づけないこともあります。例えば、頭痛が続いたり、何となく体がだるかったりといった症状なら、どこの科が適切か分かりません。もしかしたら、別の病気かもしれないからです。そんな時にはひとまず総合病院を受診することをおすすめします。総合病院ならいろいろな科が入っているので、適切な科を案内してくれるはずです。また、総合受付で症状を言うことによって、適切な科を案内したり、とりあえず総合的な検査を促されたりすることがあります。いずれにしても総合病院なら院内の連携がきちんとしているので安心です。それから、信頼できる病院を選びましょう。精神科や心療内科を最初から受診するにしても、世間の評判の良いところではないと安心して通えません。デリケートな病気でもあるため、信頼できる医師ではないと治療もスムーズにいかないからです。口コミ情報などを参考にして選びましょう。